2017年2月8日水曜日

ル・クーペさんのFを練習しております.




じわじわ進んでおります.

ル・クーペさん.

Fを始めております.



ドレミファソとソファミレドですね.

左右対称なら簡単なのですが,

右手・左手ともソファミレドだと弾けません.



予備練習をお聞きください.


Fの予備練習.


信じられないと思いますが,

これを録音するのに1時間以上かけました.



貴婦人の乗馬の最後のところを

ひたすら練習したので弾けるはずなんですが,

どうもこんな感じです.


指くぐりもないのですが,

ぴったり合わせられない( ;´Д`)


初心者,再認識ですなぁ.





F自体も単純.

だけど,速い( ;´Д`)



付点4分音符で76( ;´Д`)

予備練習で40くらいのスピードですかね.




あと,scherzandoって書いてますね.

バラ1のコーダのところにも書いてあるそうですね.

なんだか意味もなく,うれしい・・・.





「重要な練習曲」と書いてあるので,

ソファミレドが弾けないおじさんですが,

少し頑張ってみようと思います.




安川先生のお言葉.


「ピアノは筋肉(笑)」を信じて

ひたすら練習の予定.

指の筋トレでもしようかなぁ・・・.




ル・クーペ,ピアノのアルファベット動画




今日の音符読み:45秒

6 件のコメント:

  1. 予備練習を耳コピしてドレミファソ、ソラシドレとそれの下降を抜粋してやってみましたが、確かに、合わせるのは難しいですね。左手の16分音符って難易度高いですね。
    ( ´Д`)

    片手ずつなら手首の回転を入れたら高速もできました(下記記事では腕の回転と表現)
    http://lppianolife.blogspot.jp/2015/10/3_21.html

    FのサンプルをYouTubeで聴いたら、早い箇所は片手ずつなんですね。両手同時の練習は必要なんでしょうかね…?
    あと、私は手首を使わないとうまく弾けませんが、Fの曲を弾いている人の動画ではみんな指だけで弾いているようにも見えました。
    どっちも奏法としてはアリだとは思うのですが…

    私の先生はどちらかというと、指だけで弾く奏法を好まないので、たぶん、手首の回転や高さ、早い箇所に適したタッチの調整法を言ってくると思いますので、私もそういう弾き方になりますw

    返信削除
    返信
    1. やっていただきましたか!
      難しさ伝わってよかったです(笑)

      手首の回転も少し入れる感じなんですかね.
      シンプルなフォームが目標なので,適度に動きを組み合わせたい気持ちがあります.

      しかし,ソファミレドだけでも合わせられないのは自分でも驚きでした.

      奏法のテクニックの本買って,読んでない( ;´Д`)
      いい加減読みたい(笑)

      削除
  2. これはもうマッスル筋肉が必要ですね!
    この手の指のコロコロした高速移動は、清らかな小川いらいやってない気がします

    著者から練習しなさい指令も書いてるんですね~

    返信削除
    返信
    1. やはり,筋肉ですか(笑)
      スキーをした日にピアノを弾くと調子いいような気がするんですよね・・・w
      なにか,関係ありそうな.ともかく筋肉!

      はい.重要らしいっす!
      単純な運動も好きなので,まったく問題なく弾いております.

      削除
  3. この曲、excerciseもpracticeも結構、長時間練習した気がします。
    excerciseもただのスケールなのに凝ってますよね。
    practiceも、リズムに乗るのにちょっと時間が掛かりました。
    ブルグさんとはまた違った難しさを特に感じました。

    レッスンでは、柔らかく、優しい音で、って言われました。

    返信削除
    返信
    1. お!
      リズム・・・わかります.
      合っているのか心配になります.
      予備練習も実は合っているか不明です(笑)
      3/8の曲にあまり出会わないからなんですかね.

      ゆっくりからメトロノームかなぁ.


      「優しい音で」ですか!
      キレ感を出す曲かと思っていました.
      ちょっとやってみますね.

      削除