2017年3月31日金曜日

ピアノサークル,参加(5回目くらい?)





先週の日曜ですが,

行ってまいりました.

ピアノサークル.

(何回目の参加か忘れてしまいました.)




パウダーのシーズンは終わったと思いきや,

先週の日曜はスキー日和っぽくなっていて,

ピアノをドタキャンしたい衝動がありましたが,

なんとか参加しました.




「野うさぎのラグタイム」を弾きました.

あれっすね.

あまり思い出したくない(笑)

悲惨な演奏をお見舞いしてきました.




練習期間は約6ヶ月ですし,

・ひたすらゆっくり練習.
・片手練習.
・あやしいところの部分練習.
・曲の途中から弾く練習.

などをして,かつてない仕上がりにしておいたのですが( ;´Д`)



いやー.本気でレッスンに通った方が

いいのではないか?の気持ちもあります.

とにかく聞いてもらう機会を

増やすのが大事な気がして.




やってないのは

・ドレミを歌うトレーニング.
 「片手練習のやり方」(ピアノろまんさん)より.

・全部スタッカートで弾く.
 「先生の練習方法」(けもさん)より.

・ソルフェージュ(聴音かな?)のトレーニング
 「弾きあい会後記」(ピアノろまんさん)より.

とかですかね.


まだまだ,やり足りないのも理由としてありますかね.



色々試して,

次回も「野うさぎのラグタイム」を弾こうと思います.



今日の音符読み:41秒

8 件のコメント:

  1. この日は、納得行く出来じゃなかったんですね。
    でも後日、我々と弾いた時は、かなり良い感じでしたね。
    段々、力を発揮できる時も増えてるようには思えるので、時間や経験で解消できそうな気もします。

    レッスンは、視野を広げる意味では良いですが、人によってはノルマ感や義務感が強まる場合もあって、何と言うか音楽を見失った心理状態での練習を重ねちゃうってリスクもある印象です。
    ただ、ひとまず体験レッスンを受けてみる、ってのは良い気もします。

    返信削除
    返信
    1. 2日連続なのと全員が集まる前に2時間練習時間があったので(笑)
      この前は家で弾くのと大きな差はありませんでした.

      そうなんですよね.
      わかる気がします.
      それでいろんな意味で独学を続けてるんですが,まぁ,どうしようかなと(笑)

      削除
  2. おじさんにはジャズが似合っていると思うので、突き進んで欲しいです!

    演奏中に止まるのは音大生でも悩んでいるそうですが、昨日、先生に対策を聞いてみました。
    ①人に聞いてもらう緊張した中で弾く訓練と、②音をしっかり記憶する弾き込み方ではないかという返答でした。

    レッスンはモル作さんが言うようにメリットもデメリットもあるとは思いますが、意欲が強くなるほど先生もより答えてくれると思います。私はいつも挑戦的です(曲は自分で決めてるし、言われたこと以上のことをやるという意味で)

    先生の当たり外れもありそうなので、何箇所か無料体験に行ってみるといいかもしれませんね。それ自体から得る物もあるかもです。
    時間もお金もかかりますが、ピアノ人生をより楽しむために、試してみるのもいいかと思います。

    返信削除
    返信
    1. いろんな曲を弾いてまいりたいと思います.ジャズもクラシックも.
      ただ,初心者向けの曲ばかりかもしれません(笑)

      そうすね.
      1.緊張感になれる
      2.緊張したとしても弾ききる
      の両方の詰め方ですよね.

      1をコントロールできれば一番楽なんですが(笑),そうもいかないかなと(笑)

      レッスンを受けたいというのは1の方です.
      本来は2の意味なんでしょうが,なんとなくイメージ的には私の場合は1なんじゃないかなと思っております.

      もう一回だけ野うさぎをサークルで弾いて,それでも敗退したらレッスンに通います.(宣言.笑)

      削除
  3. はいはーい!私も挑戦的で~す!
    まさに勇者の挑戦。
    曲も自分で決めるし練習もビシバシやってますよ!
    おかげで日中疲れちゃって仕事に影響が・・(´Д`)ハァ…

    素敵な先生に巡り合えるようにお祈りします!(^^♪

    返信削除
    返信
    1. まだ,決めたわけではありませんが,かなりレッスン受けたい本気度は上がっております.笑.
      他力本願的な(笑)

      まぁ,のんびりやっていきたいと思います.


      削除
  4. 分かります。
    とは言っても弾き合い会ではなくレッスンで…なのですが、私もかなり緊張しやすいタイプで、半年経ってもまだレッスンで失敗をしています。

    レッスンのグランドピアノを弾き始めたときに、家の電子ピアノとのタッチの違いが気になり(あれっ、もっと強く弾かないと…ダメかな等)、緊張感が増して失敗することも多いです。

    ですが、レッスンに行くと先生の前でグランドピアノを弾き、「人に見られて弾く+生ピアノに慣れる」という訓練を多く繰り返すことで、いつかは、タッチの違いもすぐに調整できるようになり、緊張しないで生ピアノを弾ける日が来るのでは…と希望を持っています。

    私よりも、あやおじさんの方がたくさんの人前で弾かれているので、緊張の度合いも全然違いますが、お互いに「緊張」という敵に負けずに演奏ができる日がくるといいですね

    返信削除
    返信
    1. おー.やはり,先生の前では演奏変わりますよね.
      一つの目的かなと思っております.
      「先生の前で100%であれば,人前演奏は大丈夫」とけもさんがおっしゃっていました.
      続けるしかないでしょうか.

      プレッシャーなしで適当に弾いていた期間が長くなっていました.これも,なかなか上達しない一因の気がしておりました.

      mirageさんは早い時期からレッスンなので練習の密度は高いと思います!


      削除