2017年4月3日月曜日

【観る将】第66回NHK杯。 佐藤康光 九段 - 佐藤和俊 六段(2017.3.26)





書き忘れておりました.

第66回NHK杯将棋トーナメントの決勝.

佐藤康光 九段 - 佐藤和俊 六段の感想です.

解説は羽生3冠.








決勝はカメラアングルも変わりますね.




戦型は

先手佐藤(康)さん,居飛車.
後手佐藤(和)さん,振り飛車の
対抗形.
で力戦形でいいでしょうか.




24手目.


中盤がない将棋でした.

24手目にして,すでに終盤戦.

50手以内に終わっちゃうのではないか?と思いました.



ですが,お互い自陣に駒を埋めたり,

馬も自陣に引いたりで,

長い終盤戦.



64手目.馬付きの馬冠をお見舞い.

馬 対 龍.



馬の守りは金銀3枚とも言われていますので,

佐藤さん玉は金銀9枚の守り.

8枚を超えてきました.



76手目.馬と龍が3筋に直線並び.



佐藤さん,王手馬を佐藤さんにお見舞い.

佐藤さんはわざと佐藤さんに

掛けさせる手順だったとの解説でした.


あれですね.

王手飛車をかけた方が負けるやつ.



投了局面.



最後は佐藤さんが佐藤さん玉に必至をかけて,

佐藤さん玉には詰みがないので,

佐藤さんが105手で投了しました.

よって,佐藤さんが優勝しました.




佐藤さんも佐藤さんも強かったですなぁ.






棋譜.


今日の音符読み:47秒

0 件のコメント:

コメントを投稿