2017年12月13日水曜日

レッスン記録(13,14回目)





忘れかけていますが,記録.

こんばんは.

あやしいおじさんでございます.



13,14回目.

レッスン記録は後で読み直したいので,記憶を辿って書いておきます.



ポイントをいくつか.

スタッカート



  • 鍵盤から手が2,3cmくらい離れたほうがいい.
  • その時,音をよく聞いて響きがいいタッチを探る.
  • (いつもですが)指先は固く.手首はタッチの瞬間以外は柔らかく.
  • アクセントと音を変えるため,離すときには少し手前に引っ掻くイメージ.(真上に上げる弾き方より「鍵盤が戻る時間」を長くする.真上引きはアクセントのときかな)
  • 下向きの力を意識.


指の上げ方


先生にはよく,「指をもっと上げて」とアドバイスされます.このとき,指の形ですが「曲げたまま上げる」が正しいとのこと.(指の各関節を真っ直ぐにするのではない)音の粒が揃いやすくなった気がします.打鍵コントロールがしやすいフォームですなぁ.



左手伴奏タイプの曲


  • 左手の手首を下げて弾く技もある.
  • そのとき右手は普通.
  • これで左手の音を抑えて右手を聞かせる弾き方♡


左手保持音ありの伴奏


こんな感じの左手.


誤)シ〜レ〜シ〜レッ,ド〜レ〜ド〜レッ

正)シ〜レ〜シ〜レ〜,ド〜レ〜ド〜レ〜

なんですが,誤のほうになりやすかったです.

というか,何も考えずに弾くとそうなっていました.


保持音のソ〜〜〜,ソ〜〜〜は途切れてもいいので,シレシレ,ドレドレの方を切らないように弾いた方がいいようなイメージです.合っているだろうか?先☆生・・・?

今週,もう一度見てもらうので,確かめたい.



今日の音符読み:48秒

2017年12月12日火曜日

ツェルニー100番の29曲目を弾きました.





アルベルティ・バスはゆっくりだと穏やかな雰囲気ですが,速く弾いてね♡と言われると,なかなかのものですね.


こんにちは.


あやしいおじさんでございます.



さて,29曲目を弾きました.

Czerny Op.139-29



練習期間: 7日
閻魔帳レベル: 7
自己評価レベル: 6(指定速度では10)
ピアノ歴: 5年目
音源: Pianoteq6, Steinway D(Classical Recording)


運動能力が低いので,指定速度まで上げるのはあっさり諦めました.

私の演奏は♩で90〜100くらいと思われます.

指定はアレグロなんとかと書いてあって120以上かな.
(見方がよくわかっていません)

アルベルティ・バス単体では100以上のスピードを出せたのですが,やめるところでスムーズに移行できない.

昔,江川卓というプロ野球のピッチャーがいて,テレビで・・・なんの話題からその話になったか忘れましたが,「階段を急いで降りる時,次に右足を出すか左足を出すかわからなくなることがある」と発言していたのを聞いた記憶があります.テレビに出ていた他の人は,「なんだそれ?」「ありえないだろう?」のような反応でしたが,実は私もたまになります(笑)なぜかはよくわかりません.

ただ,それに似た感覚でアルベルティ・バスを急にやめるのが難しかったです.

そんなこんなで,無理せず次にいこうと思います.




一応,お手本を置きます.

真面目にピアノを弾きたい方はここまでスピード上げたほうがいい・・・のかな?

お手本♡



今日の音符読み:43秒


2017年11月30日木曜日

ツェルニー100番の28曲目を弾きました.





今週もツェルニーおじさんでございます.

こんにちは.

100番の28曲目を弾きました.



Czerny Op.139-28




練習期間: 14日(間に7日の出張があるため実質7日)
閻魔帳レベル: 7
自己評価レベル: 6
ピアノ歴: 5年目
音源: Pianoteq6, Steinway D(Classical)


3度の練習ですが,あいかわらず難しいですね.相当うまくても「3度は苦手」といっている人がいたので一生ものかもしれません.以前よりはマシになったと思いますので,たぶん,ピアノ筋が少しついたのでしょうか.

しかし,フォームを見ると無駄な動きが多いように思います.もっとシンプルに動きたいものですなぁ.どうやったらできるんですかね〜.



今日の音符読み:44秒