2017年12月29日金曜日

ボッサ・リオ(E.バウムガートナー)を弾きました.





年の瀬ですなぁ.

こんばんは.

あやしいおじさんでございます.

10月から練習しておりました,ボッサ・リオ(バウムガートナー)を弾きました.


それでは・・・.


演奏動画


Bossa Rio(Eric Baumgartner)


「野うさぎのラグタイム」の7曲目です.
ラテンジャズなのでスウィングはしません.

演奏条件あれこれ


練習期間: 87日
閻魔帳レベル: 記載なし( ;´Д`)
自己評価レベル: 11
ピアノ歴: 5年目
音源: Pianoteq6, Steinway D, Prelude

感想


左手がやや単調なパートが多くて,仕上がりはもう少し早いと思っていましたが,曲が2分を超えるとやはり難易度あがりますね( ;´Д`)

よくあるパターンでしょうが,引っかかるパートがどんどん変わっていくやつ.「モグラ叩き」に例えられるんでしたかね.あれにやられたのと録音時の最後あたりのプレッシャー・・・.

先日けもさんが「正確に弾くことをやめました」と書いていました.なのでミスタッチしてもいいやと気を抜いて演奏していたらボロボロ演奏になりました(笑)

けもさんが言いたいのは「気を抜け」いうことではない(笑)

ちゃんと読みましょう.




あと,ジャズの曲集をレッスンで見てもらうと「もっと左手,出していい」と言われます.ベース音を響かせるとかっこいいですよね.さらに上の写真だと左手ラ〜〜〜ド〜〜〜ミ〜〜の「ラ強め」を考えたのですが,もっと出してよさそうですね.


どうでもいいことですが,動画24秒くらいのところ,変な音が聞こえるのですが,私だけでしょうか・・・.



疲れてるのかな?俺.



それでは,よいお年を!!




日の音符読み:46秒

2017年12月25日月曜日

ハノン7番を弾きました.





メリークリスマス.

あやしいおじさんでございます.



さて,7番を録音しました.

7番の動画


お聞きください.


ハノン7番

動画情報あれこれ


♩=88
音源:Pianoteq6, Steinway D (Prelude)
0:02 レガート
0:47 スタッカート
1:31 左手レガート,右手スタッカート
2:16 左手スタッカート,右手レガート
3:01 リズム練習


感想


左右の手で動きが少しだけ違うタイプが初めて現れました.なので,ちょっと難易度高めです(笑)上り(前半)のほうが少し苦手でした.

スタッカートはレッスンでよく指摘のある,「下向きの力を意識」でやってみました.まだ自分で過去動画と見比べていませんが音抜けはなくなったと思います.音量も調整しやすい気がします.忘れずに続けていこう.

録音時・・・わが家には犬がいます.野球ボール大のネコの人形があって,それを投げてくれのアピールがすごかったです.拾ってきては投げるをやりながらだったので苦労しました( ;´Д`)

拾ってきたのを放置していると,10秒程度は黙って待っているのですが,すぐに私の足にスリスリしてきたり,それでも無視を続けるとワンワン!!!言ってきます.

ピアノとは関係ないですね.

それではよいクリスマスを♡




他のハノン動画もよければどうぞ.





日の音符読み:42秒


2017年12月19日火曜日

ツェルニー100番の30曲目を弾きました.






今年,最後のツェルニー動画投稿でしょうか.

こんにちは.

あやしいおじさんでございます.

2017年では100番は21曲目のようです.まだまだ,先は長いですなぁ.そろそろ難しくなってきたので,これからが本番ですね.



さて,30曲目どうぞ.


演奏動画



Czerny Op.139-30


演奏時のメモ(難易度等)


練習期間: 16日
閻魔帳レベル: 8
自己評価レベル: 8
ピアノ歴: 5年目
音源: Pianoteq6, Steinway D(Classical Recording AB)

30曲目の感想


マーチの曲.付点のリズム.

100番を初めから弾いていますが,初めて閻魔帳レベルで8が付きました.楽しい曲でしたが,たしかに少し難しくなった印象です.手の移動が大きくなってきたためです.



左手ファド〜〜

上の写真の部分は鍵盤を見ないで弾いています.

8度の移動があったり45で3度だったりで感覚がおかしくなりやすく,ファからドを押す時はド#を1の指先で探してから自分の位置を確認して押すことを考えていました.

ですが,冷静に考えたら1と5の指で5度の幅なのでこの幅はよく弾いているはず.ドはどこだ?と探すのではなくこの5度の幅の感覚を使うようにしたらミスタッチが減りました.

左手ドファ〜〜

同様に5→1で4度.

5度より少し手を狭める感覚でファをつかむことにしました.



終盤.


ここが最も難しく感じました.繰り返し練習でなんとかしました( ;´Д`)

しつこく弾いていると,左手のド→シソドの移動も手元を見ないで,できるようになりました.

うれしい.



今日の音符読み:44秒

2017年12月18日月曜日

レッスン記録(15回目)





2017年最後のレッスンですなぁ.

「良いお年を」の挨拶を忘れたのが悔やまれます(笑)

こんにちは.

あやしいおじさんでございます.



主にル・クーペ,Oを見てもらいました.



pの同音連打


pなので弱く弾こうと思うと音が抜ける場合もありました.「pでも鍵盤の奥まで押すことを意識」で音抜けがしにくくなるようです.よく聞く話ではあるのですが,なかなかできない( ;´Д`)

まぁ.そのうち.

左手,二分音符のソー・ファーをできるだけつなげて




「できるだけ」のレベルではありませんでした( ;´Д`)

ソーファーが全く伸びていなかった( ;´Д`)

気をつけます( ;´Д`)



アクセントの弾き方


タタタタ, チャッ↑!!! チャッ↓!!!

チャッ!!!チャッ!!!は「弾く鍵盤位置に手をおいてから強く押す♡」をやっていたのですが,どうもまずい様子.やはりしっかり手全体を上げてから空手チョップのイメージのようです.私の場合これをやるとミスタッチになりやすいのですが,先生がやるとビジュアルと音の響きが違います.

ミスタッチしやすいのはどうすればいいのか,今度先生に聞いてみよう.



装飾音のタイミング


レードードシーラー

レードドシーラーになっていた( ;´Д`)

先生,苦笑していました(笑)




私も一緒に笑いました.




いやいや.なおそう.


その他


そんなこんなで今回も楽しくレッスンしてもらいました.レッスンで見てもらうのは「人に聞いてもらうのに慣れたい」の意味もあったのですが,最近では先生の前では緊張ほぼ,ゼロ.先生はとなりで歌ってくれるのですが,最初のうちは気になって演奏がストップすることもありましたが,最近はむしろ先生の歌がないと物足りなくなってきました.歌に合わせて演奏するの楽しい(笑)

(私の感覚の中では「演奏に合わせて歌」ではなく「歌に合わせて演奏」です.)





今日の音符読み:44秒


2017年12月16日土曜日

ル・クーペ,ピアノのアルファベットのQを弾きました.





寒いですなぁ.

こんにちは.

あやしいおじさんでございます.

長めの練習期間でしたが,ル・クーペさんのピアノのアルファベットの16曲目,Qを弾きました.


Qの演奏動画



Le Couppey Op.17 L'ABC No.16


演奏時のメモ(難易度など)


練習期間: 36日
閻魔帳レベル: 7
自己評価レベル: 8
ピアノ歴: 5年目
音源: Pianoteq6, Steinway D, Classical Recording AB

Qの感想




右手は簡単.左手は上の写真のように4和音のアルペジオ連続の曲でした.
4和音になると難しさが急に増す気がするのは私だけでしょうか・・・.「微妙に形が変化」が覚えにくくて.コード進行のパターンがあるとか聞きますが,そろそろ,そういうのも意識的に覚えたほうが幸せになれるんでしょうか.(いまはひたすら音符を1個1個,読んでいます.)

スピードは108と書いていますが,完全無視.この曲はゆっくりがいい.

左手主導で音の強弱をつけるのを意識すると曲に入り込みやすかったです.これは別の曲を先生に習っていて聞いた技です.(どの曲にも当てはまるかは不明)「太ったボス的なおじさん(低音部)が女性(高音部:メロディー部)をリードしていくのよ〜♡」みたいなことを言っていました(笑)それを応用.

あとは適当にテンポを揺らしたりして,いい感じになるよう努力しました.



予備練習



Qの予備練習


♩=100で弾きました.閻魔帳にも書いていますが,QとQの予備練習は特に関係性なし.とにかく全部弾いて記録するのが趣味なので録音しております.

暇な人だけ聞いてください(笑)




ル・クーペ,ピアノのABCは最初から順番に弾いています.

よければどうぞ.




今日の音符読み:45秒

2017年12月13日水曜日

レッスン記録(13,14回目)





忘れかけていますが,記録.

こんばんは.

あやしいおじさんでございます.



13,14回目.

レッスン記録は後で読み直したいので,記憶を辿って書いておきます.



ポイントをいくつか.

スタッカート



  • 鍵盤から手が2,3cmくらい離れたほうがいい.
  • その時,音をよく聞いて響きがいいタッチを探る.
  • (いつもですが)指先は固く.手首はタッチの瞬間以外は柔らかく.
  • アクセントと音を変えるため,離すときには少し手前に引っ掻くイメージ.(真上に上げる弾き方より「鍵盤が戻る時間」を長くする.真上引きはアクセントのときかな)
  • 下向きの力を意識.


指の上げ方


先生にはよく,「指をもっと上げて」とアドバイスされます.このとき,指の形ですが「曲げたまま上げる」が正しいとのこと.(指の各関節を真っ直ぐにするのではない)音の粒が揃いやすくなった気がします.打鍵コントロールがしやすいフォームですなぁ.



左手伴奏タイプの曲


  • 左手の手首を下げて弾く技もある.
  • そのとき右手は普通.
  • これで左手の音を抑えて右手を聞かせる弾き方♡


左手保持音ありの伴奏


こんな感じの左手.


誤)シ〜レ〜シ〜レッ,ド〜レ〜ド〜レッ

正)シ〜レ〜シ〜レ〜,ド〜レ〜ド〜レ〜

なんですが,誤のほうになりやすかったです.

というか,何も考えずに弾くとそうなっていました.


保持音のソ〜〜〜,ソ〜〜〜は途切れてもいいので,シレシレ,ドレドレの方を切らないように弾いた方がいいようなイメージです.合っているだろうか?先☆生・・・?

今週,もう一度見てもらうので,確かめたい.



今日の音符読み:48秒

2017年12月12日火曜日

ツェルニー100番の29曲目を弾きました.





アルベルティ・バスはゆっくりだと穏やかな雰囲気ですが,速く弾いてね♡と言われると,なかなかのものですね.


こんにちは.


あやしいおじさんでございます.



さて,29曲目を弾きました.

Czerny Op.139-29



練習期間: 7日
閻魔帳レベル: 7
自己評価レベル: 6(指定速度では10)
ピアノ歴: 5年目
音源: Pianoteq6, Steinway D(Classical Recording)


運動能力が低いので,指定速度まで上げるのはあっさり諦めました.

私の演奏は♩で90〜100くらいと思われます.

指定はアレグロなんとかと書いてあって120以上かな.
(見方がよくわかっていません)

アルベルティ・バス単体では100以上のスピードを出せたのですが,やめるところでスムーズに移行できない.

昔,江川卓というプロ野球のピッチャーがいて,テレビで・・・なんの話題からその話になったか忘れましたが,「階段を急いで降りる時,次に右足を出すか左足を出すかわからなくなることがある」と発言していたのを聞いた記憶があります.テレビに出ていた他の人は,「なんだそれ?」「ありえないだろう?」のような反応でしたが,実は私もたまになります(笑)なぜかはよくわかりません.

ただ,それに似た感覚でアルベルティ・バスを急にやめるのが難しかったです.

そんなこんなで,無理せず次にいこうと思います.




一応,お手本を置きます.

真面目にピアノを弾きたい方はここまでスピード上げたほうがいい・・・のかな?

お手本♡



今日の音符読み:43秒